院内検査

aminoindex アミノ酸解析サービス

アミノインデックスとは?
アミノインデックスは、血液中の各種アミノ酸濃度から、健康状態や疾病の可能性を明らかにする技術を活用した解析サービスです。
アミノインデックスを用いて、がんに罹患しているリスクを予測する検査が、アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AminoIndex Cancer Screening = AICS)です。

がんに罹患している確立を算出し、AICS値として数値化しています。
AICSの特徴
1

血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。

2

一度の採血で、複数のがんを同時に検査できます。

【男性 AICS(5種)】 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、膵臓がん
【女性 AICS(6種)】 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん、
膵臓がん
【女性 AICS(2種)】 乳がん、子宮がん・卵巣がん
3

早期がんにも対応した検査です。

4

採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

AICS受診料金(自費)
男性 AICS(5種) 23,000円
女性 AICS(6種) 23,000円
女性 AICS(2種) 9,000円

※平成27年8月24日~膵臓がんの検査(男女)が追加されました。

AICSで何が分かるの?
がんの人では血液中の各種アミノ酸濃度バランスが変わります。AICSは、それをもとにがんに罹患している リスクを予測する検査で、対象となるがん種は、胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、膵臓がん、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)です。

がんに罹患している確率を算出した数値がAICS値で、0.0~10.0の間の値をとり、がんである確率が高いほど高値になります。
AICS受診前の注意
血液中のアミノ酸バランスに影響を与える恐れがありますので、受診前に下記の注意事項をお守りください。
検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診してください。
アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事と同様にお控えください。
妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。
AICSについてよくある質問
q AICSを受ければ、他のがん検診は受けなくても大丈夫ですか?
a 検査にはそれぞれに長所と短所があり、補いあって使用されています。
AICSは今までのがん検診とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を見つけ出す方法で、併用することでがんを見つけだせる可能性は高くなります。
その他の検診項目も受けるかどうかは医師とご相談ください。
q いっしょに他のがんも見つけられないのですか?
a 今回のがん以外のがん種に関しては、現在も研究が続いています。また、他の疾患に関しても研究が行われています。
q 検査前にすでに症状があった場合には、どうしたらいいですか?
a 検診は、症状のない方のための検査です。明らかな症状のある方には、それぞれの体の状態に応じた適切な検査や治療が必要になります。
症状のある場合は、必ず医療機関を受診しましょう。
q AICSはどういう人が対象となる検査ですか?
a AICSは、25歳~90歳(前立腺がんは40歳~90歳)の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

所在地

〒462-0047
名古屋市北区金城町四丁目72番地

googlemap

診療科目

循環器内科・小児科・
消化器内科・外科・整形外科・
リハビリテーション科・
泌尿器科・皮膚科・内科

診療時間

休診日 土曜午後・日・祝日

お問い合わせ

052-916-2161

052-916-1994

aminoindex
公式facebook
page top